ブロックワークス

2009.01.25

Flip Mino HDの使用感など

購入してから随分経ってしまいましたが、Flip Mino HDの使用感などを書いてみたいと思います。

…と書いてみたものの、の詳細レビューはネタフルさんがかなり詳しく書かれています。

のでそちらを参照していただくとして、個人的に気付いたことなどをつらつらを書いていきます。

■ブラックカラーの質感はiPhoneの裏面のような感じ
Flip Mino HD本体のブラックは、iPhoneの裏面のようなつるっとした質感です。そのため、指紋などが若干目立つかな〜という感じです。
ネタフルさんが購入したカラー版の本体は、 本体の表面に微妙な凹凸があるようですが、ブラックは完全につるつるです。

■ファイルは直接中身を見た方が早いかも
Flip Mino HDにはMacに対応したソフト「FlipShare」が付属していますが、使っていません。自分の場合はファイルの中身から直接MP4ファイルをコピーしています。

esp_001.jpg
まるでUSBメモリのように中を見ることができるのもFlip Mino HDの良い点かもしれませんね。

■気に入っている所
サイズが小さい所…iPhoneよりも小さいので、ポケットに入れて気軽に持ち運ぶことができます。自分は「サッと取り出してサッと撮る」ことを重視していましたので、この機動性の良さはポイントが高いです。

USBが本体に内蔵している所…ケーブルが付いていたり、SDカードなどで移動させるのはとても面倒に感じていました。なので初代iPodshuffleのように、本体に直差しで接続できるFlip Mino HDは撮影した動画をコンピュータに取り込む小さな手間を省いてくれて便利です。

撮る事に特化している点…Flip Mino HDは「撮る」「見る」「消す」しかできない、とても割り切った製品です。設定もズームイン・アウトしかありません。
「思いついて」から「撮影」までがとてもスピーディーに行えるハードだと思います。

■まとめ

ここ最近、国内・海外問わずさまざまな製品が発売されてきています。機能面だけで見た場合、Flip Mino HDは物足りないと感じる方もきっといるでしょう。
Flip Mino HDは、「普段から持ち歩いて」、HD画質が「気軽に撮影できる」事がウリだと思います。普段持ちビデオカメラかな、と思います。
音楽を持ち歩くように、Flip Mino HDを持ち歩いて、何気ない日常を撮影したいですね。