ブロックワークス

2010.12.09

「Photoshop上の文字をテキストファイル化、修正、PSに戻す」ができるPS_BRAMUS.TextConvert

Fireworksでデザインする派の自分にとって、Photoshopによるホームページデザインデータは結構苦手だったりします。
中でも面倒なのが、photoshop上のテキストをコピーし、htmlへ移す作業です。Phoshopは、テキストが選択しづらい!ちょっといらいらしますw

「Photoshop上の文字をテキストファイル化、修正、PSに戻す」ができるPS_BRAMUS.TextConvert

PS_BRAMUS.TextConvert」は、

  • Photoshop上の文字列をテキストファイル書き出しができる
  • 書き出したテキストファイルを修正し、Phosohopに戻すことができる

というプラグインです。

確認環境

  • MacOSX 10.5.8
  • PhoshopCS4

インストール方法

Bram.us » PS_BRAMUS.TextConvert: PSD2TXT and TXT2PSD for the masses!」の「Download PS_BRAMUS.TextConvert 1.0」からファイルをダウンロードします。

ファイルを解凍し、「PS_Bramus.TextConvert.Import-1.0.jsx」「PS_Bramus.TextConvert.Export-1.0.jsx」を以下のパスにコピーし、Photoshopを起動します。

Adobe Photoshop CS4/Presets/Scripts

「Photoshop上の文字をテキストファイル化、修正、PSに戻す」ができるPS_BRAMUS.TextConvert

文字の抽出方法

「Photoshop上の文字をテキストファイル化、修正、PSに戻す」ができるPS_BRAMUS.TextConvert

文字の入ったPSDファイル(例えばtestdata.psd)を開き、ファイルスクリプトPS_Bramus.TextConvert.Export-1.0を選択します。すると、「書類」フォルダに文字が抽出されたテキストファイル(TextConvert-testdata.psd.txt)が生成され、ファイルが開きます。
(当たり前ですが、PS_BRAMUS.TextConvertは、文字を抽出するので、画像化されたテキストは抽出できません。)

「Photoshop上の文字をテキストファイル化、修正、PSに戻す」ができるPS_BRAMUS.TextConvert

抽出されたテキストはこんな感じ。BEGINとENDの間の文字列が、抽出された文字です。

[BEGIN /テキストを抽出するよ♪ ]
テキストを抽出するよ♪
[END /テキストを抽出するよ♪ ]


[BEGIN /日本語も抽出できるよ! ]
日本語も抽出できるよ!
[END /日本語も抽出できるよ! ]

文字の修正・適用方法

先ほどのテキストを例えば、以下のように修正します。修正は、BEGINとENDの間の文字列を修正してください。

[BEGIN /テキストを抽出するよ♪ ]
テキストを抽出★
[END /テキストを抽出するよ♪ ]


[BEGIN /日本語も抽出できるよ! ]
漢字も大丈夫!
[END /日本語も抽出できるよ! ]

変更したいPSDファイル(testdata.psd)を開いておき、ファイルスクリプトPS_Bramus.TextConvert.Import-1.0を選択します。すると、ダイアログが表示された後、修正したテキストファイル(TextConvert-testdata.psd.txt)内のテキストに差し変わります。

「Photoshop上の文字をテキストファイル化、修正、PSに戻す」ができるPS_BRAMUS.TextConvert

「Photoshop上の文字をテキストファイル化、修正、PSに戻す」ができるPS_BRAMUS.TextConvert

「Photoshop上の文字をテキストファイル化、修正、PSに戻す」ができるPS_BRAMUS.TextConvert

注意

どうやら、書き出し時のPSDファイル名と書き出されたテキストファイル名をプログラムがみているようです。

  • 元PSDファイル…testdata.psd
  • 書き出されたテキストファイル…TextConvert-testdata.psd.txt

そのため、ファイル名やパスは変えない方が無難です。